Ruby用オブジェクト指向LDAPインターフェイス - ActiveLdap

ActiveLdapプロジェクト

ActiveLdap

ActiveLdapはオブジェクト指向にあったAPIでLDAPを操作するためのRuby用のライブラリです。LDAPのそれぞれのエントリをRubyの1オブジェクトとして扱います。LDAPのエントリが持つ属性はobjectClassから自動検出します。Rubyのオブジェクトには自動的にアクセスメソッドが追加されるので、通常のRubyの作法でLDAPエントリを操作できます。

ActiveLdap: 最新リリース

2014-10-11にリリースされた4.0.4が最新リリースです。

このバージョンはRails 4.1.0に対応しています。

ActiveLdap: インストール

インストール:

% sudo gem install activeldap

使い方:

gem "activeldap"
require "active_ldap"

ActiveLdap: ドキュメント

ActiveLdap Fabrication

ActiveLdap FabricationはFabricationのActiveLdapアダプタです。これを使うとActiveLdapの代替フィクスチャーシステムとしてFabricationを使えるようになります。

ActiveLdap Fabrication: 最新リリース

2013-08-29にリリースされた1.0.1が最新リリースです。

ActiveLdap Fabricatio: ドキュメント

詳細はリファレンスマニュアルを見てください。